2012年09月20日

そういえばフジ3

朝風呂@雪笹、朝ごはん@東屋、朝寝@木陰で始まる最終日。
ほんと雨降らない。
この日の東屋朝ごはんが、今回の朝ごはんで最強だったな。田楽ナスうますぎる。そして東屋は毎年、後半になるに連れて朝ごはんが充実していく気がする。

a seedさんの今日のご飯はだるま弁当かー、と弁当リアカーの後ろについてグリーンを横切る。
象印さんでお茶をもらう。象印さんのお茶はおいしいんだよー。もちろんタダなのもたいへんありがたいんだけど、きんきんに冷えた、ちゃんと茶葉からいれた玄米茶を会場内で入手できる幸せ。ありがとう。

ゴジラ・放射能・ヒカシュー。
オレンジについたらちょうどヘドラの「あおーいうみをかーえせ」の歌でテンションだだ上がる。巻上氏のピックアップするシーンもいちいちつぼにはまる。そう、ヘドラでは富士山でフェスが行われたんだよねー。ゴジラのマスクを嬉しそうに振るおとうさん有り。楽しい。

奇妙礼太郎。奇妙じゃなかった。すごく歌のうまい、あたまのよさそうな人だ。楽団もみんな頭よさそう。
暑くて木陰で休憩。うたたね。
100%SOLARS。洋子がミニスカートで衝撃的だった。

井上陽水
陽水すごかったー。生で聞くと10倍ねばっこいー。やんちゃな男子も泣かせる「少年時代」の力はすごいな。
目の前にレデヘ待ちの異邦人集団がいるけど、男子勢はそれなりにちゃんと聞いていたし、座り込んでいた姉さんは春日井のグリーン豆むさぼり食ってたのでよし。

FUCKED UP。陽水終わってから行ったら、ボーカルがパンツいっちょで客と一体化してた。以降、最後までボーカルの一挙手一投足に魅せられて終わる。曲とか覚えてない。終わったあと、会いそうな友人みんなに会う。

アバロンで黒酢から揚げ丼。まあまあ。ONDAさんご一行も並んでご飯買ってた。

NEW COOL COLLECTIVE。見たはず。
ONDA VAGA。するめの様にじわじわ効いてくる旨み。好きだ。
REFUSED。見たような。
tricot。今年の衝撃大賞。なにこれ。かっこいい。後で聞いたらアラバキでもすごい話題になったとか。いや、なるわ。アバロンはこういう衝撃的出会いがあるからなー。
AT THE DRIVE IN。うーん。レデヘ終わる前に会場を抜けたいため、途中まで。

レデヘ良さそうだったらちょっと見ようかと思ったけど、タイミング悪くトムのソロタイムだったので横目でスルー。
苗場食堂でチャラン・ポ・ランタンとお客たちがアットホームに盛り上がっているのを確認。
オアシスエリア。夢を見ているのかと思うほど人がいない。オアシスの地平線が見えるよー。わー。うきうきと、去年はオレンジにいたロシアソーセージを買う。何でも並ばず買い放題。
さあ、会場よさようなら。
パレスも空いてるわー。というわけで白天。ジョーの小屋にも挨拶。
4日通して一番早い帰テント。でもへろへろ。

2012年09月12日

そういえばフジ2

2日目。朝風呂@雪笹、朝飯@ピラミッドガーデン内の常設レストラン、朝寝@木陰。雪笹、お風呂でてから見た男子風呂の行列が長すぎて笑う。こんなん初めて見た。

場外の骨付き鶏の店でイチゴジェラート食べながら入場。前夜目を付けていたの。フローズンイチゴも2個乗っかって300円だったような。甘めのジェラートとさっぱりフローズンが良く合っておいしい。コストパフォーマンスも良いし、ぜひ次回もここのお店には出店して頂きたいわ。(名前確認した。「森のいちご」さん。ちなみに前夜のカウボーイ飯は「サルサカバナ」。どちらもステキでした)

スペアザ横目に象印さんでお茶もらう。晴れた夏の空にスペアザは良く似合うね。
SWISS LIPS。・・・あれ、バンド間違えた?と思うほど公式HPで観たのと感じが違う。しばらく様子見るもすごすごと退散。
満員の星野源を最後のちょっとだけ。ほっとする。
完熟トリオの完熟ぶりを確認。
オレンジでタッカルビと再びシュラスコ屋でシュラスコソーセージドッグ。タッカルビはちょっと味薄い。シュラスコ屋のポテトがやっぱり旨すぎる。シュラスコ屋のかっこいい姉さんは、漫画の宇宙兄弟に出てくる高速でしゃべるNASA職員の姉さんに似ていた。

ONDA VAGA。試聴したときは微妙かと思っていたけど、良い。歌詞フリップ出して、みんなで歌おう的なのがほほえましかった。小さくて見えなかったけどね。終わったあともみんな出てきてぶらぶらしててほほえましい。

CHE SUDAKA。そりゃあ去年のOBRINT PASを期待しちゃいかん(自戒)。でもオナカスイタ!って絶叫して楽しかったー。

THE SPECIALS。わざわざ奥地からグリーンまで出てきた甲斐がありました。くったり疲れて後方で座って見てたけどウキウキしちゃった。近くにいたノエル待ちと思われる男の子がさかんに「スペシャルズやっぱいいわー。見てよかったわー。」と興奮して言っていたのがほほえまし。でも、いちにっ!はやっぱりワンツー!て言いたかったの。。。

そして戻ったよ奥地に。
BUDDY GUY!!!!
レジェンドだし見て損はなかろう、という軽い気持ちで観に行ったわしのばか。このステージほど観て良かった!と心の底から思うステージはそうそうない。熟練の神様の、熟練だからこそできる若々しさ。オリヴェイラ監督の妙なみずみずしさとかもこういうものだよなー。きっと人生1回転しないとできない魅力的なステージングにただただ感嘆し、笑い、涙をながしました。

はー、もう。すごいよ。はー。とつぶやきながら、ヘブンの揚げパンサンド(タコス)を食べる。もちもちでうまいなこれ。もう少し具材を多めにしてくれるともっと嬉しい。

JUSTICE横目にへろへろもどり、電気グルーブも見ずにオアシスの焼き鳥そば(まあまあ)食べ、2日目終了。

BUDDY GUYに移動する時に、木道に溜まってSAKANACTION観てた人たちを蹴落としたくなったけど、そんなことどうでも良くなるほどBUDDY GUYはステキだった。でも、立ってみてるならまだしも、イスに座るのはいかんよ。そこ通路。

2012年09月09日

そういえばフジにも行ったな

かれこれ1ヶ月も前のことじゃのう。
今年のフジロックはそれはそれは暑かった。
暑くて逆にぼんやりしてられなかった。
雨ふれー雨ふれー思ったもんじゃった。。。

古ぼけた脳を必死に動かして忘れた記憶を掘り起こす記録。写真だのみ。

木曜日仕事してからの新幹線。
22時着で30分くらい並んでのリストバンド交換。
ピラミッドガーデンにテント張って場外でビール。
一人でカレー食べながらタイムテーボーチェックする白人若者はかわいらしい生き物です。
24時にリストバンドに並んだ一行が1時間待ちだったという悲劇を後日聞く。

翌日早起きして、キャンプサイトのリストバンドをピラミッドガーデン用リストバンドに交換してもらう。一手間かけさせてしまった。すみません。バスツアー帰りだけの利用で、行き夜中着だと場外のツアーデスクもやってないし・・・ツアーバス発着場のデスク開いてたのかな?
朝風呂@雪笹。朝ごはん@東屋。朝寝@木陰。

さあ初日のスタートです。
ゲートで写真を撮る。ベネフィットジャパンの白いバンドもらう。ゴンちゃんのTシャツも買う。象印でお茶もらう。タワレコタオルもらう。

ED SHEERAN
いきなり今年のベスト3の1つでた。一人でぽろーんとギター抱えて出てきて、完全にグリーンステージを支配しきるこの若者の芸達者ぶりはなに?と恐れおののく。歌声素晴らしく楽曲素晴らしく。肉球愛らしく。観てよかった。もうこれで今日終わってもいい。

MOUSE ON THE KEYS
頭よさそうなかっこいい音楽。しゃべったひとがやっぱり頭よさそうなしゃべり方でぐっときた。しかし、こういうミニマル音は冷房の効いた室内で観たいかも。

ヘブンで初ラムチョップ食べた。並んでなかったー。うまかったー。
THIRD COAST KINGSチラ観。
もう一回象印行ったらもう店じまいしてた。
川原のゴンちゃん大増殖。
アバロンで牛スジサンド。まあまあ。牛スジソーセージはおいしかったけど牛スジかどうか良く分からず。
STONED CIRCLE。配置が変わった。モヒート。うまい。
スーパーマンマークブリーフに英国国旗ソックスで頭にひよこちゃんを乗せて綱渡りする、たぶんフランス人のおじさんを鑑賞。なにより大変そうだったのは綱渡りの棒を支えさせられていた一般男子2名、という大道芸。
THE VERY BESTを観たはず。
オレンジでシュラスコプレート。フライドポテトのシャクシャクに揚がっているのがやたらうまい。そして、塩分うまい塩分うまい。
今年の流浪のパフォーマンス集団、猫とチーズとネズミに遭遇。かわいかったけど、たぶん暑すぎてあんまり出動しなかったんじゃないかな。
LOS LONELY BOYSはかっこよかったはず。
上原ひろみをチラ観。ちょうど早弾きタイムで得した気分。
KENTAROはちょっと遅れていったらかっこよすぎて悶絶。初めから見ればよかった!と思っていたらラッパー部隊出てきた。スマヌ、その20分正直キツイカッタ。。。
THE STONE ROSESにのれなくてがっかりして早々に退場したのはわたしだけなのだろうか。。。

JAMES BLAKE
友人のお薦めなんで見てみた。かっこいい音だけど、閉鎖空間で聴きたい音。少なくとも炎天下の一日の終わりに観るのはちょとツライ。眠くなっちゃったので、お目当ての曲を聞いて退散。

パレスをぶらぶら。ウジムシ・耳・ゾンビショッパー3本立て観る。あいかわらずの素晴らしいくだらなクオリティ。

場外で夜飯。骨付き鶏とカウボーイ飯。どちらもボリューム・味ともに素晴らしい。今年のベスト飯。

とにかく空いてる金曜日にステージ以外のお楽しみをいろいろぶち込んだ感。
充実の初日終了。たぶん1:00くらい就寝。

2012年09月01日

パトスとNと浅草、そして本宮映画劇場

ものすごい時間差(1ヶ月遅れ)だけど、先日銀座シネパトスの閉館を知り、えらくショックを受けている。
地下街ごとなくなっちゃうなんて。もはやあそこは東京の文化遺産ではないのか。耐震性って、どうにかなんないのかな。それとも、都としては黒歴史(三原橋地下街成立には戦後のどさくさがいろいろ絡んでいるらしい)をやっと消せるわーって感じなのだろうか。

この映画館とのお付き合いは15年より前、えらくやるせなく暗い青春の台湾映画(だったとおもうんだけど、詳細覚えてない・・・。高校生主人公の住む集合住宅が水浸しになったりしたような・・・。)をひとりで観に行って、薄暗いし、ゴミも落ちてるし、隣は成人映画だし、地下鉄の音は聞こえるし、映画の内容とあいまって、「暗いわ!」と口に出さずにはいられないやるせなさが始まりだったと思う。
でもやっぱり本気のお付き合いは名画座宣言後。だって同じお金払うならもっときれいな劇場行くじゃない。。。しかし、名画座となると、逆に三原橋の昭和な雰囲気がよくて気分も乗る。それに、久しぶりに行ったら地下街も劇場もすごくこぎれいになってた。
もちろん雰囲気だけじゃなく、名画座の特集内容もよい。ヴェーラや新文芸座とリンクしているような、少し違うような住み分けがあって。昭和喜劇ものならシネパトス!という括りが自分の中ではできてました。
もはや銀座のオアシスなのに。

ていう個人的思いは省いても、旧作・新作ともに味のあるラインアップをしてくれる貴重な映画館のひとつなんですよね。それがなくなってしまう。

と、悲しんでいたらNもなくなるという。
どうやら、まだ閉館日時が確定してないため公式アナウンスしてないようなんですが、年内いっぱいと。正直あの劇場はスクリーンが観にくいので、ユーロが移転してくれたときは大変喜んだのですが、しかし、Nがなくなってしまったら、今Nでしか掛からないような大量のホラーや音楽系映画はどこへ。。。

そして、浅草からの映画館消滅。中映他5館が10月下旬までに閉館、ビルの取り壊し。。。
ここ、入ったことないんですが、たまに前を通るたびにそのたたずまいにキュンとし、名画座のラインアップににやりとし、いつか行こういつか行こうと思ってた映画館でした。

シアターNの閉館理由は分からないけど、銀座、浅草、どちらも歴史あるたたずまいがあるからこそ映える繁華街から、「老朽化」の元にさっくり味のある場所、そしてポリシーの感じられる映画館がなくなってしまうのはとてもかなしい。

そんなふうにしょんぼりしているところに、Atelier Manukeさんの記事(http://d.hatena.ne.jp/atelier-manuke/20120829)に「こんな映画の愛し方もあったのか。本当に泣けた。」の言葉。そして、そのリンク先の都築響一氏の記事は本当にすばらしい。

http://www.chikumashobo.co.jp/new_chikuma/tuzuki/06.html

「本宮映画劇場館主」
狂人的に偏執狂的に、周囲から変人扱いされても、映画と映画館への愛を貫き通す。こんな市井の人がありえるのかと。そりゃ、記事を読みながら泣きますよ。都築氏の書いているもどかしさにもものすごく共感。

だって、東京ではこんなふうに日夜映画館が建物ごと消えていくのに。
ううー。がんばれ、日本映画館界!(そんなのないのか?)

2012年07月25日

プロジェクトBOO

別にペコロスが公開されるまで映画断ちをしているわけではなく、普通に観てるんですですけどね、筆不精。
7月15日にはフィルムセンターさんで『プロジェクトA』→『Mr.BOO』という、まあなんというか自分の世代向けとしか言いようのない2本を鑑賞。

幼少の、自我の確立する前から数知れぬほどテレビで繰り返し見た『プロジェクトA』。
スクリーンで(しかもフィルムセンターの大画面で)観られるということでいそいそと行きまして。スクリーンで見るのも、ノーカットで観るのも、字幕で観るのも初めてでしたがもう素晴らしくて。いや、内容以前にオープニングであの曲がかかった瞬間に、もはや『プロジェクトA』はDNAレベルで刻み込まれていると思うくらいテンションあがりました。
で、続く『Mr.BOO』は自分でも意外ながら初見。ちょいちょい、ジョーズやらブルース・リーやらのパロディを入れていて時代性がぷんぷんする。BOOの最初の仕事がベルトコンベアで流れてくるジュースの空き瓶からストローを取る作業、ってせつな過ぎる仕事。。。無茶なアクションを軽い感じでやってしまうのはA同様、サイレント映画的ですてき。

2本観て、黄金の香港カンフー映画の時代が懐かしくもいとおしくてたまらなくなっちゃいました。
Aの時にはオープニングで一人熱烈に拍手をする人や、BOOの待ち時間に香港映画のマニアな話題(プロデューサーとか撮影とかのレベル)で盛り上がるひとたちなどもおりまして、非常にほほえましかったです。

にわかによみがえったカンフー熱さめやらぬままに、見逃していた『葉問 序章』と『葉問』もDVDで観ましたよ。これまた熱い。カンフー映画。

2012年07月22日

フジたいむてーぼー

おまけ。
素晴らしいタイムテーブルを作ってくれる職人さんがいなくなってしまったので、毎年エクセル的なソフトで地味に自作してる日付ごとのタイムテーブル表、今年は早めにできたのでアップしてみる。

単にA4に入る大きさにステージ順に並び替えただけ。あくまで自分用。
なので間違いとかあっても一切責任取りませんし(あ、でも間違い発見したら指摘してもらえると嬉しいです)、しょぼさに対するリアクションとかも一切いらないですが、もし使う人がいましたらどーぞ。

FUJI12.pdf

7/24追記:
とかいって、pdf職人さん復活!
当然素晴らしく美しい職人さんのタイムテーブルがおすすめです。
http://www.geocities.jp/fuji_pdf/

フジ行動予定'12

めずらしく今年のフジの行動予定など書いてみたり。
当然、予定は未定なわけですが。
今年はいつもにも増して知らないアーティストばっかりな気がしておりますよ。

金曜日:
ED SHEERAN(G)期待
THIRD COAST KINGS(W)渋そう
THE VERY BEST(W)渋
LOS LONELY BOYS(H)渋
THE STONE ROSES(G)まあここは押さえます

土曜日:
SWISS LIPS(R)オシャレ枠
完熟トリオ(H)見て損はなかろうかと
ONDA VAGA(O)ゆるりと
CHE SUDAKA(O)OBRINT PASとまでは期待しませんが。。。
THE SPECIALS(G)ずんちゃずんちゃ
BUDDY GUY(O)渋

日曜日:
ヒカシュー(O)ゴジラなので
ORQUESTA LIBRE(O)すごそう
A 100% SOLORS(H)ひつこくねばねば
井上陽水(G)この時はまあ雨降ってもいいか
FUCKED UP(W)「俺たち」な皆さんの荷物を後ろで守りますよ
あとはNEW COOL COLLECTIVEとか見るかなー

今年もソフトバンクなので皆様と連絡つきにくそうです。
会場で知ってる顔に会えるの楽しみにしてますよー。

2012年07月07日

森崎東協賛者

『ペコロスの母に会いに行く』のクラウドファンディング。
http://motion-gallery.net/projects/pecoross

やっとチケット買って個人協賛者になったぜー。ひやっはー。
まあ、もちろん小額チケットなわけではありますが。。。

リンク先の動画で見られる、森崎監督の我が道を行く飄々ぶりが面白すぎるので見ていない人は要チェックだわ。新文芸座のトークショーで見た、茶目っ気たっぷりのつかみどころのなさは監督の素地なのだな、とあらためて関心してしまう。

そういえば、先日読んだ吉村昭氏の『旅行鞄のなか』という旅にまつわるエッセイ集の中で、たくさんの旅をしてきた中で、なんといっても人情豊かで好きだと書いているのが長崎。人それぞれに相性があるだろうけど、全国を取材旅行してきた氏がべた褒めならば、たとえその人情の半分しか味わえなくてもきっと楽しかろうなあ。30年くらい後の今はどうかしら。長崎、未踏の地なんですよねえ。

2012年06月05日

ペコロスファンド

森崎東監督『ペコロスの母に会いに行く』の、クラウドファンディング始まってました!
http://motion-gallery.net/projects/pecoross

キアロスタミ監督の時は知ったのが締め切りの数時間前で、あわあわしているうちに期限切れになってしまったやつ。今回はいくらのファンドにするか迷う時間があるわ。といっても高額は無理ですが。。。

3000円で前売り券2枚とか、種類によってはほぼ実費。
それが映画制作の支えに少しでもなると思うと、なにやらわくわくする。

さてさて、いくらにしようかしら。

2012年05月20日

森崎東監督新作決定!

森崎東監督が新作撮る!
http://www.facebook.com/Pekorosu
「ペコロスの母に会いに行く」という漫画が原作だそうな。
「公開は来年の夏を予定」だそうな。
あああ、森崎監督の新作を観られるなんて夢のような。。。
ありがたやありがたや。
これは、応援するためだけにFB登録するべきなのかも。
それ以外にも、キアロスタミ監督の新作の時みたいに個人出資制度とか取り入れてくれるといいなあ。
だって絶対観たいもの。
資金が足りなくて頓挫なんて万が一にもあって欲しくない!

原作も買わないとー。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。