2008年04月19日

『ダジ急』再

映画感想ブログ(主として)に戻ります。

『ダージリン急行』2度目の観賞。
いえ別にこれしか観てないわけじゃないし、他にも面白い映画観てるんですけどね…

再見により少しは余裕ができたのか、車窓のシェード越しの光の動きに魅了された。全ての電車のシーンを実際に走る車内で撮影した成果の一部。

相変わらず冒頭のスローモーションから感動で胸が詰まる。そして最後のスローモーションで感極まる。ああ何度でも観たい瞬間!それがなんでどうしてそんなに感情を揺さぶるのかなんて相変わらず分からず。

そしてラストで感じるどうしようもない幸福感の正体も。決して全てがめでたしめでたしではない、むしろ悲しみを含んでいる決別の後の、新たな始まり。その悲しみもやりきれなさもひっくるめて幸福を感じてしまうこの感覚はつい最近他でも感じた。ルノワールの『黄金の馬車』だ。

いや、いろんなルノワールの映画がそういうやりきれなさや悲しさを内包した、胸が詰まるような幸福感を与えてくれる。
そうか、ウェスはルノワールなんだ、と至極乱暴な結論。
描く中身も絵も違うけれど、あの幸福感はとても近しい。
私にとってこの図式はとても幸福なモノなのですが…あまりに乱暴で怒られそうですね。
この記事へのコメント
ええ?二度目?

さて
ワタクシも電車飛び乗りルルッルー

ところでプルプルとナニかが
震えておりました

なんでかなー
コトバ足らずな
そんなワタクシ
ナニかに触れる

いうことで解決してしまいました

なにかに ね と

ちなみにワタクシは近頃コレしか見てないです

なんだか時間のない近頃です

けど彼の地には行かねばなと
Posted by サバ at 2008年04月20日 00:44
サバサマ

ええええ、2度目ですとも。えへ。
もう一度観に行くことは決めてたんですが、サバさんのブログ読んでですよ、ぽろっと行ってしまいました。
あのスローは一体何なんでしょうね、ほんとに。小憎たらしいくらい。

彼の地。彼の地ですね?
行く気ですね?(笑
Posted by だま at 2008年04月21日 21:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93952190
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。