2008年04月13日

時々あおちゃん/儀式としての

moude.jpg

本日夕方、あおちゃん所に行って来ました。
自分の中で1つの区切りをつけるための儀式としての、最後のあおちゃん詣でです。
お世話して下さっていた方からのメッセージと花束がありました。
小さなマーガレットの花束は私が持っていきました。ちょうど先週ルノワールの『恋多き女』を観たところで、マーガレットがとても魅力的に見えたという単純さですが、なぜか思いついた後はあおちゃんのイメージにとてもぴったりに思えたので。

運良くお世話の方ともお会いでき、大妻小梅嬢はその方の飼い猫たちと同じお墓に入れてもらえたこともお聞きしました。

マイケルとも久しぶりに会うことができました。相変わらずの独特なハスキーボイスでしたが、ご飯をがっつり食べ、撫でられて満足げな顔をしていました。最近は毎日顔を見せるそうですね。まだまだ元気でいてよね、マイケル。

改めて、大切な情報を下さったロククロさん、まさごちょうの3兄弟さん、コメントを下さった方々にお礼申し上げます。
ほんとうにありがとうございました。

あおちゃん、あおちゃん、ありがとう。
P050721_1741~01.jpg
※2005年夏、私があおちゃんに初めて会ったころに撮った最初の写真。しょぼくれ顔なのに人なつっこいところにほれたのだったなー。
この記事へのコメント
だまさん、
小梅ちゃんの事故から、あのやるせない想いを皆さんと共有できて本当に良かったです。小梅ちゃんは、皆さんに会う事が好きだった!晴れていれば、朝早くから
あの駐車場に居て、皆さんとの交流を自然体で楽しんでいましたよね。元々天使だったので、神様に呼ばれて、戻っただけかも
しれません。また、下界に降りて来る日を
待ちましょう。なんて、自分を納得させている日々です。
Posted by ロククロ at 2008年04月14日 21:23
あおちゃんと巡り逢えた奇跡をずっと忘れないでいたいものです。

20年も前に逝ったウルちゃんが、今も私の心にすみつづけているように・・・。

Posted by うるとめ at 2008年04月15日 01:34
ロククロさん
本当にありがとうございました。
小梅ちゃんはいつも遊んでくれましたが、それはこっちの希望を読んでいたのかも知れませんね。天使に出会えて良かった!

うるとめさん
飼ってもいないのにこんなに心に残るおつきあいをできたことは本当に奇跡的ですよね。
忘れませんとも。
Posted by だま at 2008年04月15日 20:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93263108
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。