2008年01月12日

『風雲兒信長』

今年の1本目。マキノ1本目。
時代のせいか、歴史物のせいか、固さが目立つ演出の上、どうにも千恵蔵の信長がハナから品が良い。その品の良さを物足りなさと感じてしまうのは、若き日の信長といえば坂口安吾の小説の知識しかないせいかもしれないけれど。
とはいえ、馬で疾駆する姿、舟を曳く群衆の祭りのシーンなどには、問答無用で生き生きした空気が画面に溢れる。今作は、『織田信長』という映画の改題短縮版らしく、もしかしたら切られた残りの部分にマキノらしい躍動感が詰まっていて、映画としてのバランスが出来上がっているんじゃ無かろうかと夢想してしまった。どうなんだろう。

@フィルムセンター
監督:マキノ雅広
1940年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/78483240
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。