2018年06月21日

『掘るまいか 手掘り中山隧道の記録』

なぜか手元にあるVHSにて。2003年。橋本信一監督。

新潟県山古志村小松倉地区で昭和初期、戦時を挟み16年をかけてツルハシで掘られた1km近くに及ぶ隧道を掘り進めた人々の記録。

冒頭、お祭りか式典の一環であろう、背広を着て隧道の中へ入ってきた、ちょっとお酒を召されていそうなおじさん達が、このツルハシでなー、こうやって掘っていって、とカメラに向かって当時を再現しているうちに、そのうちの一人が興が乗って本当にガツンガツン壁を掘っちゃう、そのおじさんのキラキラ輝く笑顔の素晴しさといったら!「掘っちゃうのかよ!」て爆笑したよ。この記録映画への幸運なアプローチがそこに用意されているわけだ。

その後も量は少ないものの、盆踊りでの子供たちやおばちゃんたちの笑顔、おじさんの朗々たる歌声、おじいたちがトウモロコシの粒を手でむしって食べる姿の美しさなど、今の村の人々の生の姿がとても魅力的。さらに印象的なのは、豪雪の雪下ろしなどや隧道掘削当時の苦労を「大変ですね」と言われたときに、大変だってここが生まれ育ったところだもん、やらなきゃしょうがねえと返す、土地への愛情が浮かんでいて、少し誇らしさまで感じられる表情たち。もっともっと見ていたい。


気合の入ったナレーション、インタビュー、再現ビデオで構成される、いわゆる「ドキュメンタリー」。なので、それほど好みの形態ではないのだけれど、内容はとても興味深くて、存在していてよかったと感じる作品。個人から基金を集めて製作する地元発信の企画だったようなので余計そう思う。
インタビューされている方々、隧道掘りの中心となってきた方たちが80代後半から70代でお話しされていて、証言として残せるギリギリの時期だったなと思う。おそらく、新しいトンネルが出来て隧道が保存対象となったことからこの企画がもちあがったのだろうけど、失礼ながら、間に合って良かった!と思う。にしても、平成10年の新中山トンネル完成まで、軽トラ1台がぎりぎり通れる隧道だけでやってきてたのがすごすぎる。

横井戸の技術、雪の峠をツルハシ6丁抱えていく女たち、酸欠を土運びのトロッコが和らげる。
これを吉村昭氏の小説で読みたくなる。「高熱隧道」で描かれた黒部第三発電所トンネルが昭和11年から15年で904m。中山隧道は昭和8年から24年で875m。片や国家的事業、片や助成金もままならないツルハシとカンテラだけの隧道。時代が被ってると思うと余計に感慨深いな。

中越地震を経た現在、中山隧道は無事に保全されているよう。


| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。