2014年03月02日

水中テオレマ

三鷹北口に新しくできた素敵な古書店「水中書店」さんが、居心地が良いとツイートしていたので気になっていた同じく三鷹のカフェに行ってみれば、こじんまりとしているけれどウッディで洗練された居心地の良いオシャレ空間。
の、壁一面にスミスのジャケット群(これは期間限定らしい)。棚にずらりと並んでいるのは諸星大二郎に星野宣之。手塚治虫もあるけど、ばるぼらとかネオ・ファウスト。
むむむ?
そしてトイレに行けばパゾリーニの『テオレマ』。。。。

む。

店名の「テオレマカフェ」てそのテオレマか!

このオシャレ空間の店名がパゾリーニでいいのか。いやパゾリーニなんだから洗練された空間でいいのか。むしろ洗練された空間に奇妙なもの(失礼)詰め込んであるのは正しくパゾリーニ的空間なのか。
うーむ。
ねじれてる。
しかしそのねじれがここちよい。
奇妙寄りのじぶんですが、籠絡された。
この空間、好物だ。

もちろん出しておられるものはちゃんとしてます。
頼んだコーヒーもあんずケーキもとてもおいしく、チーズケーキとか甘くない食べ物とワインとか品数はおおくないんだけどそそられるものだらけ。

で、ですね、テオレマカフェにたどり着くまでの経緯が、
岡田秀則氏がブログ「Atelier Manuke」で水中書店開店のことを書いていたので→行ってみたらば居心地の良い古書店で映画系の本も多めで気に入って(水中書店の店主さんはかつて映画を学ばれた、とか)→その店主さんがテオレマカフェが良いとツイートしているので気になって行ってみる→テオレマだった。
という流れで、結果的に映画(絡み)数珠つなぎでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/390198419
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。