2007年04月11日

『叫』

なんだか普通におもしろい、という言い方は的確ではないか。
いつも通りの訳わからなさはあるものの、その「分からない」部分を脇に置いておいても充分に「普通におもしろい」と思える、というのはやっぱり前作の『LOFT』があまりにも普通ではなかったからか。『ドッペルゲンガー』も『回路』も『CURE』も、『カリスマ』だって私は普通に楽しんだのだ、そういえば。
という『叫』は、『CURE』と『カリスマ』と『回路』が混ぜ合わさってぐつぐつと。

都市。おいてけぼり。変化は構築なのか破壊なのか。そして誰もいなくなる。とてもメッセージ性が強いのかも知れない、と思わなくもないけれど、そこを考えようとすると困惑するばかりなので放置。

「犯人」であり「カリスマ」であり「幽霊」である赤いワンピースの女はいきなりな行動で見ているものを笑わせたりもするが、あれは笑わせようとしているんだろうか。そうとしか思えないのだが。ぴゅ〜って。

あり得ない警察署、不穏。
そんな水浸しの埋め立て地は本当にありえるのか。
加瀬亮の仕事は結局なんなんだ。
などといった突っ込みはむしろ黒沢マニアの隠微な愉しみとも思えるので置いておこう。

黒沢清の映画に出演する俳優は実は苦手な人が多いのだが、大概が映画の中での見事なはまりぶりに感嘆して、好きにならないまでも悪感情は取り払われてしまう。
例えば今回は葉月里緒菜。その気持ちの悪さというか恐ろしさが、『叫』の中でものの見事にはまっている。あるいは小西真奈美。その裏がありそうな胡散臭さが現実感のない恋人という役柄にぴったり。って、悪い面ばっかりみているようだけど、その悪い印象が役柄を見事にするという方向に昇華されているので、私としては見事です、と方向が転換する。
あと、黒沢作品の中では生意気だったり空虚だったりする人間が妙にかっこいいのだが、今回のそれは加瀬亮で、ほんの少ししか出てこないのだけれど不遜な態度が妙に格好良かった。

と、いろいろ言ってもやはり役所広司。
なぜ彼は常に「選ばれて」しまうのか。
なぜ選ばれることが本筋のように見えるのか。
黒沢映画におけるその特権的肉体。
役所さんが出ている黒沢映画とそうでない黒沢映画は強度が違うように思える。『回路』のようにほんの少しの登場でさえ、その存在によって黒沢映画はぐっと強度が上がる。
不思議。

湾岸の景色は面白い。知っていて、知らない風景。

伊原さんは、なぜ…。

映画の終わりに繰り返される言葉がそれって、すごいな。

と、いつもながらにまとまらず。
『叫』つれづれ日記。

@渋谷シネセゾン
監督:黒沢清
この記事へのコメント
>> と、いつもながらにまとまらず。
 こういうの(〆方)、好きです。
 それから、ここ数回の映画レビューじゃないブログ、結構好きです。
 
 【叫】は未見なのですが、「LOFT」は観ました。
正直、よく分らなかったです。ただ、その後、黒沢監督等のトークがあり、「トヨエツの役は『岸田森』をイメージして書いた・・・。」と言ってて、なんとなく腑に落ちたような気がしました。ちなみに、「loftの西島秀俊はあて書した。」と言ってました。(隣にいたからリップサービスかもしれないけれど)

 黒沢映画の中の岸田森、観たかったです。
Posted by うる at 2007年04月12日 22:21
「叫」は観てないです。「LOFT」も観てないし、最近、黒沢映画から遠ざかりつつある。
柳下毅一郎さんのコラムに、黒沢清の映画は性描写のシーンは少ない(もしかしてない?)のに、女優はとても美しく撮られているっていうようなことが書いてました。確かに、「ドッペルゲンガー」の永作博美も「回路」の麻生久美子も素敵でした。
Posted by kage at 2007年04月12日 23:04
>うるさん
ああ!なんだか良い方に捉えて下さってありがとうございます。勇気が出ます。
でも本当にまとまらないだけなんですよね…

岸田森!
ああ、なんか…ああ、と、妙に腑に落ちますね。どうもトヨエツは気恥ずかしい。
西島氏が手際よく首吊り無理心中の準備をするシーンは、『LOFT』の名シーンだと信じておりますー。
Posted by だま at 2007年04月15日 18:03
>kageさん
確かに麻生久美子さんも素敵でしたね。小雪は隣にいるのが武田真治や加藤晴彦なので大きさが際立ってましたけど…。
そうそう、永作博美も苦手だったんですよ。でも『ドッペルゲンガー』の永作さんはすごく素敵でした。
Posted by だま at 2007年04月15日 18:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38478315

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。