2007年03月08日

『進め!』

10分短編。
WEBにて。(3月14日まで)

『このすばらしきせかい』という映画を、ちょっと佐内正史っぽい写真を使ったちらしのかわいらしさと(HPトップの画像と同じ)、そこからにじみ出る脱力雰囲気にひかれて気になっていたものの、池袋で短期間のレイトショーという条件にすっかり腰が重くなりまんまと見逃した。池袋は苦手だ。
その映画の監督の短編をWEBで見られるとセガール処が教えてくれる。

ふふふ。とその10分にほほえみが漏れる。
特別な日なのに特別じゃない日。
それが特別な出来事なのか、ありふれた些事なのか、それはその人が決めればいい。帰れば食卓にケーキがあるのだ。

誰かを思いやること。
そのことを必要以上にさりげなく描くけれど、それが微かさを装うほど、そこでとられる行動が「思いやる相手」に対して自然に出来る最低限のことに見える。その無理をしないギリギリのラインが「同情」と「愛情」の境目か。
この人はこんなふうに愛されているのだなと、そのぼんやりとした顔を見て、ふふふと、幸せのほほえみ。そしてその愛し方にも。
それでいいのかな?それでいいんじゃない?

どこかしら冨永昌敬ぽくもある、と思っていたら杉山彦々が出てきて喜ぶ。この人の、心のなさそうな雰囲気はとても好きだ。
娘役の人に妙にひかれる。川原泉の漫画に出てきそう。ぼんやりと、芯がしっかりしている感じが同居。

さて、たった10分。
『このすばらしきせかい』を観にいかなかったことをくやしく思っております。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35461510

この記事へのトラックバック

『進め!』
Excerpt: 『このすばらしきせかい』の沖田修一監督による10分弱の短編作品、『進め!』がWE
Weblog: セガール気分で逢いましょう
Tracked: 2007-03-08 02:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。