2013年03月24日

E.T. 20周年アニバーサリー版

そんなわけで早稲田松竹でBTTFとカップリングでE.T.。実はちゃんと観るのは初めてでした。
お兄ちゃんが良い。あとお兄ちゃんたちのやってるボードゲームが気になる。
しかし、大人になってから見るとちょっとばかしお話が甘すぎてもぞもぞしちゃう。要は父の不在で不安定になった子供たちにドッグセラピー受けさせる話しか、とか。若干ひねて見えたり。。。
E.T.はあおりで見たときのアヒル口角度がいちばんかわいい。
自転車が飛ぶシーンは改めて観ると、宮崎駿の浮遊感と似てる。まあ、飛ぶって永遠の夢だよね。しかも友達と連なって飛ぶとか楽しそうだ。宇宙船の描写よりもこっちのシーンにあきらかに力入ってるし。
このころ、アメリカの子供といえばBMXに乗っているイメージを持っていたわ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。