2013年03月19日

バック・トゥ・ザ・フューチャー

早稲田松竹の3月の特集がグッと来すぎて通った。鳥、キャリー、フレンチ・コネクション、夜の大捜査線、E.T.、BTTF。ありがとう早稲田松竹。

てなわけでBTTF。初スクリーン鑑賞。今までテレビ画面で何度も見てるのに、改めて面白さを体感してエンドロールで涙出た。細部の作りこみとか、テンポ、超ご都合主義的展開、マイケル・J・フォックスでしかありえない軽快さとか、どれかが突出するとくどくなりそうなのに、いろんな歯車がかっちり合うという奇跡的なおもしろさなのかも。
ドクが若き父親を見て「君は養子なのか?」とマーティに問いかけるシーンは、大きなスクリーンで見るMJFのあふれる生命力の前に説得力倍増。小さい画面では伝わりきらずにやんちゃにしか見えないかもしれない、マーティのきらきら生き生き感はすごかった。
MJFのコメディ特集観たいわ。錦之助特集に通うおば様たちと同じ心根で通うのに
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/348003348
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。