2007年01月24日

『シャーリー・テンプル・ジャポン』DVD

果てなくゆるい。
それがいい。
演劇的な匂いのきわどい侵入。しかし勝利する映像。
その絶妙さがたまらない。
さてと、この映画を誉めるって、どうやって?

おもしろいです。

何だろう、やるきがあるんだろうか、とか、ノリだけなんだろうかとか、悪くとろうと思えば取れる隙がありすぎて風通しがいいっていうかそもそも壁ねーじゃん、て、何が言いたいんでしょうか私は。

この人の面白いとダメのバランスはとても危うい。ダメの直前の危うさが「奇跡」を起こしているような。『パビリオン山椒魚』では残念ながらそのバランスがダメにやや傾いた。DVDのおまけに入っていた山椒魚紀行(のようなもの)の方が面白かったし。
今作もオーディオコメンタリーが妙に面白かったけど。題名のナゾも分かって脱力。

パート1は単体で充分面白いし、パート2での反復と差異がまたたまらない。

監督と出演者との親密さが生み出すゆるさもここでは絶妙さの元。
出演者の悪のりが、決して寄らないカメラとの掛け合い漫才になってるし。

パート1での彦々氏の動きが時々、猫ひろしに見えた。新たな発見。で、この人の気抜け顔は、やはり絶品。

シャーリー・テンプル・ジャポン』2004-2005
監督:冨永昌敬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。