2013年01月21日

2012年ベスト映画

2012年に観た映画、新作49本という少ない中でのベスト10本

ベストは『カルロス』3部作。
これはもう、圧倒的に贅沢な映画体験。

次点『ザ・レイド』
これもう、圧倒的なアクション。

あと、何とか8本選ぶとこうなりました。

『ミッドナイト・イン・パリ』
『THE GREY 凍える太陽』
『キツツキと雨』
『かぞくのくに』
『フランケンウィニー』
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』
『無言歌』
『アウトレイジビヨンド』

良い映画は他にもあるけど、よりインパクトのあったものとか、ひいきにしたいものてことで。
もちろん見逃し映画もあまたあるので、私が観た映画一覧は「2012年の映画」でご確認いただければと思います。

2012年公開作以外は37本。
『光のほうへ』と『ウィンターズ・ボーン』は2011年中に観ていたら確実にベスト10に入れた。
古い映画では、『アフリカの光』と『夫婦善哉』『新夫婦善哉』が妙に印象に残ってる。
特に『アフリカ』の田中邦衛。。。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。