2012年11月15日

『エクスペンタブルズ2』

自分、筋肉指数低いんで、この映画の本当の面白さとかは多分わかってないっす。という前提で。
にしても、1の方がお話しとしても見せ方もしっかりしてたような。どうも撮りたい絵面をむりやりエピソードでつなげている感じが強くて、なんていうか盛り過ぎだと思う。それと、ヴァン・ダムがあんな筋肉バカだったらそもそもリーダー格になれてないはず。最後の対戦への持って行き方が強引過ぎる。あとプルトニウムの扱い軽すぎ。
とまあ、そんなことはこの映画においてどうでもいいんだろう。

筋肉的感想。
リーの出番少なくて不満。ウィリスとシュワが共同戦て絵面は確かにひゃっほーだけど、二人の出番が増えたせいでエクスペンタブルズメンバーの見せ場が少ないのも不満。スタローンの走る姿は1に引き続き、重そう過ぎてもう見たくないよ。。。
でもジェイソン・ステイサムとスタローンの掛け合いは観ていて安心。バーに入ったときの二人のハンチングの似合いようったら最高。若手担当のリアム・ヘムズワーズに走らせまくるのも良かった。チャック・ノリスはコミックリリーフ的扱いだったけど、出てきた瞬間に場内に笑いが起きてたから、あれが正しい登場なんだな。いろいろ各自の主演映画の設定からセリフをひっぱっているようなので、たくさん分かる人ほどニヤニヤ楽しいのであろう。
あとまあ、なんだかんだいって、この祭り感は楽しい。
というわけで、3に期待。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/302006502
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。