2012年11月14日

『白夜』

ロベール・ブレッソン 1971年
1978年日本公開以来の一般上映・ニュープリント
−−−−−−−−−
『シルビアのいる街で』ってマルトに出会わないジャックの物語だったのか!対象も本人もとにかく移動し続けるストーキング、垢抜けない服装(茶ベース)、女の絵。すべてジャックと一緒だ、と勝手に発見した気分。
気になって検索してみたら、『シルビア』公開当時もちろんそのことは既に指摘されていました。(Dravidian Drugstoreさま)今回『白夜』を観たおかげで逆に『シルビア』がちょっと分かった気がする。
ちなみに松本零士デザインの隅田川遊覧船も、1971年のパリで航行してた。

ニュープリントということで、ほとんどが夜のこの映画の、闇ににじむ光の美しさが際立つ。ポンヌフの橋脚の間を船(特に零士船)が抜ける時の美しさといったら。
光といえば窓越しに差し込む昼の光にとける産毛とやわらかな曲線。明るい光の中のマルトの裸体も美しすぎる。
それにしても、フランス映画でしかお見受けしない、寄せもしないし上げもしない、白レース一枚っぺらのブラジャーはエロスがすぎないか、と見るたびに思う。

ロベール・ブレッソンのイメージって『スリ』とか『ジャンヌ・ダルク裁判』などの張りつめた空気なので、『白夜』はちょっと意外だった。コメディぽい、よね。唐突に訪ねてくる元学友や、毎晩唐突に画面にインしてくる歌うたいたち、そしてラストのジャックの茫然自失などの「唐突」感に笑いを誘われたのは、映画館で観た感じでは、たぶん私だけじゃなかったし。あ、でも『バルタザール〜』でも、そっちかよ!と突っ込み笑いしたか。

蛇足。『(500)日のサマー』をDVDで観たばっかりだったので、マルトってサマーの系譜?・・・と思ってたらそれもtweetしてる人がいた。やっぱり。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/301698935
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。