2006年11月13日

時々あおちゃん/キュウカン

九官
旧館
吸汗
いえ、休刊。
休刊のお知らせです。

え?
VFMI0479.JPG

お知らせ遅れました。じゃらし担当は先週から仕事先の移転の為、タマ地区に、にゃー、多摩地区に出没しています。えーんえーん。もう姉さんにはめったにお目にかかれることが出来ません。大妻小梅という立派な名前の姉さんを、青っ洟のあおちゃんと呼び続けましたがそれもどうやら終わりの時を迎えたようです。

あおちゃんファンのみなさま、あおちゃん、いえ、小梅姉さんは元気です。ご安心下さい。

しょせん、通りがかるだけの間柄ながら、会えなくなるのが寂しくて寂しくて、最終日のお昼ですでに涙ぐみ、最後のご挨拶の帰り道には号泣してしまうのではないかと心配になるような心持ちだったんです。
が、



予想を覆す別れのシーン、そして「終」、はいエンドロール、てなもんか。
え、このやろう。
最後のお別れ、姉さんは、他の女子の膝の上でまったりゆったり。

あー、ねえさんて、ネコだなあ。

ねえさんは、みんなのアイドル、大妻小梅。
むしろ、ラストシーンにこれほどお似合いなシーンはないのかも。
見事な肩すかし。気合いが鼻から抜けました。きちんとした別れができることなんて実際にはめったにないのさ、てな現実か。

しくしくしく。

だからといって姉さんが元気な限り、自称じゃらし担当を退任するつもりはありません。まあ、1人じゃないけどさ、担当官は。
時にはあおちゃん通りに行って、あおちゃんに会えたなら「季刊あおちゃん」を載せたいと思います。

しくしく。
この記事へのコメント
ウチの小梅はあるおばあちゃんに見せたところ『芸者さんみたいだねぇ』とのコメント。
やはり、あおちゃんと似ているのかも(笑)。
Posted by kaichi at 2006年11月14日 08:15
あおちゃんレポ、楽しませていただきました。
異動先でも、新たな出会いがあるといいですね。
おいらも郵便配達のバイトをしていた頃、
毎日、身体をなでさせてくれた大型犬に
会えなくなった時は寂しかったものです。

ところで、伊集院光のラジオの影響で小梅ちゃんに
興味を抱き始めました。
おととい、小梅ちゃん本買いましたよ!
Posted by しヴぁ at 2006年11月14日 16:59
>kaichiさん
小梅ちゃん…てまだ幼児、だよね?
なんだ、芸者さんみたいて。気になるー

>しうばう
気のせいか、柴くんはずいぶんいろいろなバイトをしていないか?いいねえ、なでさせてくれる子。あおちゃんのような心の広い子がいるかしら…

伊集院のラジオの小梅て、こま…?
小梅ちゃん本てなに?
本放送めったに聞けてません(涙
Posted by だま at 2006年11月14日 22:35
タマ地区にゃー、にもきっといますて!ええコが♪
てか、通勤楽になるのでは?
そして、季刊あおちゃんを楽しみにしております♪
Posted by ヤスヲ at 2006年11月14日 23:43
郵便配達は高校と大学の頃やってましたよ。
けど、言うほどバイトの種類は多くないです。

そう、小まん。
小梅ちゃん本は下記のページの真ん中に載っています。
http://www.kindai-japan.com/koume/koume_index.html
着物を観ていると和みますね。やっぱ日本人。
着物の模様を描くのが楽しいです。
Posted by しゃばむ at 2006年11月15日 00:56
>ヤスヲさん
はげましありがとうござます。
駅から会社までが近すぎる+大通りなので、近隣探索をしなければ。
通勤楽になりましたよー。近くなった+逆方向。

>しゃばむらしゃん
小梅本て、オフィシャルの小梅本なんだ!
そんなものが出ているとはしらなんだ。
着物の模様…浮世絵とか江戸絵画とかの着物の柄のすごさにはうっとりしすぎてめまいします。

あー小梅食べたくなってきた。
Posted by だま at 2006年11月15日 22:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27413868

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。