2006年09月29日

非・犬…狛動物園

やや古いネタになるけれど、4月の京都嵐山は法輪寺にて捕獲。
狛はきちんと阿吽で対になっているのだけど、
吽、
牛。
VFMI0177.JPG
どーも。
妙に男前な牛。

阿、
虎。
VFMI0178.JPG
あーん。
て、
VFMI0179.JPG
あとちょっと…
て、こら。

狛が犬じゃないのは以外と多いけど、阿吽で別の動物なのは珍しいのでは?
さらに門をくぐってすぐの屋根の下には、
VFMI0180.JPG
もぐもぐ。
ヤギ。
なぜ?

みんな立派なお顔なのでお笑い要素はなかったけど、かわいらしい。が、バラエティ豊かなナゾはナゾのまま。

しかし、一番ナゾなのは何でここに行ったのかだ。たしか時間内で行けそうな寺に行ってみた、という感じだったような。思わぬ拾いものをしたものだ。
あれ、まてよ。なんで寺なのに狛がいるんだ?ここ、十三参りなる行事があるらしく、13歳のお子達が虚空菩薩像に知恵を授けてもらいに行くのだとか。これも神社っぽい行事だねえ。

ナゾだらけではありますが、渡月橋に近い方の入口からのアプローチもなかなかステキであります。
VFMI0181.JPG
この記事へのコメント
おもしろいので調べてみたよ。

羊は、虚空蔵菩薩のお使いらしいです。
http://maru4114.blog.ocn.ne.jp/tusyo/cat2786696/index.html

牛と虎は、虚空蔵菩薩が、
丑年、寅年の守本尊だからのようです。
http://www15.plala.or.jp/timebox/top/sinsi/fukuda/usi/usi-3-1.html

法輪寺以外にもあるんですね。

さて、自分を含め周りで一番多いと思われる
卯年は、獅子に座している
文珠菩薩が守本尊になる模様。:-)

って、日光で全ての守本尊を拝めたのを思い出しました。
Posted by TOSY at 2006年09月30日 06:18
あぁ!
これが狛犬シリーズですのやな

行きましたよ十三参り
アレんときだけダダ混みでねぇ
なんか習字して本堂で...あぁ懐かしい

Posted by サバ at 2006年09月30日 16:50
>TT
うぉっ。さすがTT。
そうか、ちゃんと情報ありましたか。
ふーん、なるほど、て、あれヒツジか…

ヤギ、じゃないや、ヒツジはお遣いだから屋根付きなのね。牛&虎は守ってもらってる代わりに見張りをしているのだろうか?それにしちゃ、のびのびし過ぎだけどな、虎。
一方の文殊菩薩の虎はどう思ってるんだろうね、俺に乗っておいて守るのはウサギかよ、というジレンマはないのだろうか。

にしても、私は期せずして自分の守本尊のところに立ち寄った訳か。モウモウ。


>サバさん
おぉ、さすが京都っ子。
地元じゃメジャーなイベントなんですか?
私が行ったときもシーズンだったのかな、ちらほらと着飾ったお子達を見ましたよ。

狛犬シリーズはブログを移転するときにだいぶ削っちゃったんです。写真移すのめんどくさくて…。現時点での生涯最強狛犬の記事はきちんとありますのでぜひご覧下さいませ。
http://cinetoka.seesaa.net/article/16624481.html
Posted by だま at 2006年10月01日 15:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。