2011年04月18日

応援と追求と城南信金

震災の被災者を応援すること、
福島第一原発の現場で働く人たちを敬うこと、
東電幹部の責任を追及すること、
脱原発を目指すこと、
原発の嘘を流し真実を無視するマスコミを糾弾すること
これらはすべてそれぞれ別に考えつづけ、
どれも忘れてはいけないことだ。
という、自分に対する覚書。

前を向こうと動き始めた被災者を応援するためにも、私たちも活発に動かなければ、と思う一方、この先がまるで見えない不安から脱することさえ許されない原発事故被害者を思うと、どうしたって苦しさがつきまとう。ましてや、この先原発がもっとひどいことになる可能性もあるのだし。

脱原発は可能。そういう立ち位置。
電力量だけの話しならそっこー可能だと思っている。
経済的なあれやこれやは難しすぎるけど、一度事故を起こしたら最後、これだけの泥沼にはまることを皆がきちんと受け止めれば、きっと可能なのにな。
絶対安全は無い。
絶対じゃなくなった時のリスクが巨大すぎることをきちんと受け止めないと。

城南信金のメッセージは、そういう思いを抱えている人たち皆に勇気を与えてくれたと思う。ひとつの企業(しかも金融)が企業として脱原発宣言ともとれる宣言を出した。人気取り、なんて批判もあるけれど、こんな宣言はリスクの方が大きい。コレを言っても経営的に大丈夫だから言ってるんでしょ、という批判も、だってだんまり決め込むことだってできるんだよ?と。これが構造をかえていくための一歩目になるといいのに。


城南信用金庫のメッセージ「原発に頼らない安全な社会へ」
http://www.jsbank.co.jp/topic/pdf/genpatu.pdf

城南信用金庫が脱原発宣言〜理事長メッセージ
http://www.youtube.com/watch?v=CeUoVA1Cn-A
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/196474432
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。