2011年04月11日

数と量

日本の発電量に対する原発の割合が30%弱、フランスは80%弱というのは、震災後よく聞きますが、発電量や基数がよくわからんのでエネルギー白書で確認してみました。
http://www.enecho.meti.go.jp/topics/hakusho/2010energyhtml/2-2-2.html

2009年7月データ。(稼動中のものだけ示します)
[発電量(基数)発電電力量に対する割合]

フランス 63.5万kw(59基)79%
日本   46.2万kw(53基)29.2%

ちなみにアメリカ 101.1万kw(104基)20%
割合が近しいドイツ 20.3万kw(17基)28%

(日本の%は「国内エネルギー動向」からhttp://www.enecho.meti.go.jp/topics/hakusho/2010energyhtml/2-1-3.html

私は、脱原発でも電力供給は充分まかなえるはずだと思っているのですが、それにしても電気の使いすぎってことなのか。アメリカもすごいが。

うむ。節電。もう寝ます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。