2010年10月19日

『ナイト&デイ』

今現在の現実世界を舞台にしたスパイアクション+ラブコメディを観ることができるとはおもってなかったよ。しかも滅法面白い。ああ、しあわせかも。
911以降禁断となってしまった、あるいはそれよりもずっと前に失われていたワクワクするアクション映画を新作として観ることができたのですから。能天気そうに見えて話を成立させるの結構難しかったんじゃないかなあ。でもできあがったんだなー。

マンゴールドの前作『3時10分〜』をそもそも自分は大層好きなのだけれど、あれはよく出来ているがちょっと生真面目すぎるという感想も聞きました。もしかしたら今作のプロデューサーか誰かも監督に対してそう思っていて、生真面目監督にアホストーリーを撮らせてみるとミラクル起きるんじゃねえの、と思ったのかも。
傑作になってしまった。
公式サイトのプロダクションノートに書かれているように、監督の狙いは「この作品を『シャレード』や『北北西に進路を取れ』のような映画にしたかった。空想的で心浮き立つ、モダンなアクション映画にね。」というもの。ああもう生真面目だなあ。でも、この映画の空気はまさにそれ。アホで能天気だけど80年代のひゃっほーではない、もっと大人の雰囲気。

だからこそ、主演の2人ははまり役なのです。年齢を超えて頑張るとかじゃなくて、いま『北北西〜』のような映画を作ろうと思ったら、この年齢が必要になってくるんです。30前後とか、今の時代じゃひよっこすぎる。ある程度の年齢、それでいて熱烈な恋愛にはまっても納得させられるようなスター性、そういう人がこの映画には必要だったんだな。
それにしても、キャメロン・ディアスのしわとか腹とか、よくぞそこまでさらけだした。それでいてかわいらしいんだからすごいわ。トム・クルーズは相変わらず口を半開きしまっくていて魅力的でしたし。

アクションはどれもきちんとしていて良かったのだけど、やはり牛追いの中のカーチェイスはすごかった。なんであのシーンで余裕綽々みたいな演技できるんだ。
翌日観た『十三人の刺客』にも牛暴走シーンがあったけど、こちらが断然すばらしい。ていうか、実写だしね、こっち。

あと公式サイトではキャスト紹介すらされてないけどポール・ダノ。エキセントリックかつ滅法弱いという役柄がはまりすぎていてとても良かった。

と、あまりにほめすぎな気がして他所様のブログをのぞいたりしてみたら思いのほかの激賞の多さにちょっととまどった。作品の出来のよさもあるけど、こういうテイストの映画を待っていた人も多かったんだなあ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166380906
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。