2006年01月09日

『ナショナル・トレジャー』2004

■インディ・ジョーンズの系譜に連なるものだから面白くないわけはないし、『パイレーツ・オブ・カリビアン』のスタッフなのだから下手なものは作らないはず。そういう前提で観てみて、やっぱり面白い。それなりに。なんだろう、なんか入り込めない、わくわくしない。『パイレーツ??』はやっぱりジョニー・デップあってこそだったか?
■まず日本人には不利なネタ。フリー・メイソンや独立宣言書とかテンプル騎士団とか、とことん馴染みの薄いものを使ってワシントンやらニューヨークをかけずり回られても、半端にそういったものに対する知識がある分、未知のものに対するわくわくは無いし、かといって文化的親しみもなし。
■ナゾも簡単に解きすぎ。一番大変だったのはどうやら「シャーロット」を探すことだったみたいだけど、それが見つかるところから始まっちゃって、後の謎解きは謎解きというより過程を見せられているだけという感じだよ。ナゾはもう解けてるんだけど今まで物が手に入らなかっただけっていう。ケイジがどんどん解いていっちゃうし。
■設定を映像化するのに一生懸命で探検部分が少なかったんだな。みんなそつなくこなし過ぎなんだよ、宝探しを。もっと失敗してくれなくちゃ。ようするにわくわく感が足りてないのが問題。ん?この手の映画にわくわくが足りてなかったら致命的じゃないか。アメリカ人にとってはわくわくだったんだろうか。

■米ドルのお札の柄が気になるのは米人も一緒なのね。
■この監督って手堅くエンターテイメント作品作る人なのね。芸歴長くて話題作作り続けてるってすごい。でも『パイレーツ??』以外あんまり興味ないわ。

■ケイジは結構好きだけど、どうしたってケイジの相棒ライリーに愛着が湧く。こういう役回りが好き。こいつって『インディ・ジョーンズ2』におけるショート(キー・ホイ・クァン)でしょ。どうせならあれくらいどたばたやって欲しかったさ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ナショナル・トレジャー
Excerpt: ニコラス・ケイジ主演のアクション・アドベンチャー。ニコラス・ケイジが「名探偵コナン」バリに謎を解いて、先祖代々追っていた秘宝を探し当てるってストーリー。 ツッコミどころはいくつかあるけれど、非常にお..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2006-01-10 12:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。