2005年06月06日

『ミリオンダラー・ベイビー』

■いやあ、ヒラリー・スワンクおっとこまえ??!
…という感想でとんずらしてしまいたくなる。すさまじい。て、なにが?よくわからない。ただ、すごい映画。
■とにかく硬質。観ていて苦しい。『ミスティック・リバー』もそうだったけど、客に付け入る隙を与えない。踊れる音楽がイコールいい音楽なわけじゃない。棒立ちして圧倒されるしかない音があるのと一緒。観終わった後に途方に暮れ、なにかすごいものを観たと思うしかない、あの感覚。
■硬質って言っても絶妙な間や会話で笑わせてくれるんですけど。
■この映画を観て泣いたけれど、それは「泣ける」を売りにしている映画のような気持ち良さをもたらしてくれる安易な同調の涙ではあり得ない。絶対的な隔絶。絶望を目の当たりにして対処できない故の涙。あるいはただ飲み込まれるままの涙。

■監督としてのイーストウッド、どれほどの強靱な肉体と精神を持っていたらこんな映画が撮れるんだ、すさまじい。
■役者としてのイーストウッド、あの、唇をふるわせ肩をふるわせ、弱さと迷いをさらけ出す肉体。あの瞬間のイーストウッドだけでもこの映画の存在価値あり。

■「なんて言ったらいいかわからないけど、観れて良かった」と思う映画。一度で処理などできないのです。


追記:
■今回はドーナツじゃないものを至福の表情で食べてたなあ。もしかしてただの甘い物好きか、イーストウッド?
■エンドロールに入った瞬間に席を立つ人が結構居たのにおどろいた。あれ観終わってすぐに動けないよ。きっと4回目位なんだ、あの人達は。そうだと思いたい。
この記事へのコメント
この映画のヒラリーたんの生き様は侍だね。
トム・クルーズが日本文化にかぶれて作った
侍映画の侍よりも侍でした。
あぁこの映画について本家の日記で書きたいのだが
ネタが山ほど詰まっていて書けねぇ…。
Posted by 柴 at 2005年06月06日 09:26
はよ書け。

すいません、楽しみにしてるんで書いて下さい。
かといって別筋の方も楽しみなんで、そっちも絶賛連載お願いしまっす。
Posted by だま at 2005年06月06日 20:56
こんにちわ。
エンドロールが入ると席を立つ人は多いですよね。配給会社ももっと考えたらいいのにといつも思います。寅さんみたいに「おわり」で終わるのがベストなんでしょうけど。それだと裏方のスタッフが黙っていないのでしょうね。最近劇場でこの「映画の終了後に・・・」などと入口に掲示してあるのを見受けますが、私にはネタバレというようにしか思いません。

さて、イーストウッドがチーズバーガーを持ってくるシーンが結構好きです。凹んでいる状態でチーズバーガーとは無性に悲しくなりました。

あまりコメントになっておりませんで、すみません。
Posted by culty at 2005年06月12日 15:24
>cultyさん
コメントありがとうございます。
スタッフ全部載せないとハリウッドシンジケートがうるさいらしいですね。エンドロールが長すぎるとためいき出ます。
でも私が観たときはエンドロールに入った瞬間に席を立つ人たちが結構居て、あのラストの直後にちゃきちゃき動けるなんて…、と、やや呆れてしまったのでした。

チーズバーガー、イーストウッドが食べる気なくしたからって言って持ってきてたけど、本当のところどうだったんでしょうね。残り物なら冷めてたんじゃないかと気になります。もぐもぐ食べてたからいいんですけど。
Posted by だま at 2005年06月12日 21:36
おらね、映画館出てサブナードを歩いている最中どどぉーんときたよ。もちろんエンドロールの最中に帰りはしなかったけれども。そして翌日にいたるまでドクトクな心持ちだった。そんな人もいる。
Posted by kazz. at 2005年06月17日 02:05
わたくしはいま、レモンパイ(もちろんホームメイド)が食べたくてたまりません。たべたことない。
Posted by だま at 2005年06月22日 23:37
Good work. I like your site. small ship set out: http://home.usefulnewsonline.com/36/home-and-garden-accessories-home-gyms/ , <a href="http://familygarden.myblogsite.com/blog/_archives/2005/9/7/1205774.html" rel="nofollow">hours drive from where</a>
Posted by Thomas Clark at 2005年10月05日 02:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「ミリオンダラー・ベイビー」 モ・クシュラ
Excerpt: ミリオンダラー・ベイビー この映画をいわゆる「ネタバレ」なしで、感想を述べるとい
Weblog: 映画の話をしませんか?
Tracked: 2005-06-07 00:19

絶句するほど美しい「絆」のドラマ/「ミリオンダラー・ベイビー」評
Excerpt: 『ミリオンダラー・ベイビー』(05/米/クリント・イーストウッド) Text By 膳場 岳人  筆者がこの映画を見てから一ヶ月以上が経つ。その間、ヒラリー・スワンクが演じたマギー・フィッツジェラルド..
Weblog: I N T R O+blog
Tracked: 2005-06-11 14:11

「ミリオンダラー・ベイビー」を観る(From MM)
Excerpt: ◆三位一体の奇跡のようなアンサンブルが織りなす魂のドラマ (★★★★★)  本年度のアカデミー四部門を独占した本作。評判通りの傑作、珠玉  の逸品であります。    細部に至るまで緻密に造形された..
Weblog: Cinema Satellite Neo
Tracked: 2005-06-12 10:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。