2005年04月03日

『真夜中の弥次さん喜多さん』

■まゆげが一番臭い。

■休日昼の渋谷で300m先まで届く声で叫びたい。おもしれえええええ!
■本気で3分に1回爆笑。

■これから観る人たちがたくさんいると思うのでネタバレになることは書きませんが、とにかく最高級。観に行け、いや行ってくれ。

■長瀬とクドカン脚本の相性のよさはTVドラマで実証済みであるものの、改めて良い。そして、私にとっては未知数だった七之助、こいつが良い。さすがの歌舞伎役者というべきか、動きのキレと女装時の動きのしなやかさが素晴らしくてケレン味がないのが素晴らしい。
■キャストに関する予備知識をあまり入れていかなかったせいもあって、後から後から次々と現れる端役達の破壊力にぶちのめされっぱなし。無駄に豪華ゲストがいっぱい、などという種類のものとはまるで違う必然に脱帽。
■阿部サダヲはもはや名人芸。

■しりあがりさんのあの原作を映画化するなんて、いくらクドカンでもむりむりむり、と思っていたオレ、さようなら。クドカン、本当にすごいよ。アレをなあ、ここまで作り上げられるなんて。
■原作の、悪夢に類するでたらめに次ぐでたらめを、まさか実写で観ることになるとはなあ。結構金の掛かった映画だとは思うのだが、その金の掛け方に無駄がないのがすごいよ。今、金をかけた日本映画で面白いのなんて、他に思いつかない。監督だけの力だけでなく、金とスタッフと、いろんなものの歯車がすごくうまくはまっている快感を感じる。
■原作のディープ加減はすっかり薄まっているけれど、だからこそロードショー作品として通用するとも思えるし、かといって原作のイメージを損なうものでもないというバランス感覚のすごさは、くどいようですがクドカンの一番すごいところなんじゃないかなあ。
■公開初日のためか、客層は長瀬ファンだと思われる人々多数で、長瀬が何か(キスとか屁こきとか)する度に「いや??」という喚声が上がっていたり、笑いの沸点がどうも低いのにはうっとおしい思いをしたものの、そういった人たちと自分との視点の断絶的な差を感じたのも面白かった。しかし、その人達は長瀬の魅力を堪能できて満足だったろうし(たぶん)、私は全体の質の高さもさることながら細かいネタも満載で満足満腹。この両者に橋がかかる映画が存在し得ることにも驚きだ。

■クドカン演出芝居は『春子ブックセンター』しか観たことがないのだけれど、そのときに感じた一切の影の無さ、どろどろ(原作のディープさとは違う意味でのね)とか共感の涙とかそういうもの一切を否定する「ぱっか??ん」な感じ、TVで言えば「木更津キャッツアイ」に一番よく出ているあの感じがある。
■今月号の「文学界」の阿部和重×中原昌也対談では『エターナル・サンシャイン』(私は未見)を筆頭に、最近流行の「共感主義」をこき下ろしている。優れた作品を作る力がないから恋愛物語を挿入して観客の一番入りやすい「そうそう、そういうことってあるのよねえ」心を突いて感動させて、「良い作品」のふりをする映画と、わかってもらいたいとか感情移入して気持ちよくなりたい観客、その双方の「共感」したがる気持ちの悪さとダメさを攻撃していたのだが(や、多分。流し読みだったので間違っていたらすみません)、そういった「感情移入」の物語の気持ち悪さはこの映画には一切無い。共感を否定する映画。
■や、もちろん弥次喜多の恋愛物語でもあるのだけれど、あの原作だし、それを見事なまでに映画化したものだから、そんな生半可な共感なんて入る隙はない。

■入り方はとても映画的でありながらその直後にそれを否定する構造は、もはや映画というものは成立し得ないからこそという視点からの解釈もできるだろうが、まあクドカンの、自分は映画は門外漢ですから、という照れと解釈していいものだろう。でも、あの始まりは良い。

■とにかく、ばからしさとでたらめを素晴らしいと褒め称えたくなるまでにやりきってる。

■でももしかしてこの映画を観て一番嬉しいのは荒川良々ファンなのではないだろうか。ね?
この記事へのコメント
全く同感です。両手万歳で腹から笑える。つかみも展開も締めもばっちり、期待以上にクドカンは凄かったー。個人的には最後は寿お得意の原作のダークな方が好きだけど、ロードショウ的にはあれがよかったのかもね。
Posted by さな at 2005年04月04日 01:51
シネマライズだけかと思ったけど、全国ロードショーするのねコレ。
ウチの近くのシネコンも2館とも再来週から上映。見に行くっす(待ち時間ナシで)。

Σ('A`)!!

手元にユナイテッドシネマとしまえんの800円チケが・・・!!

('∀`)
Posted by coba at 2005年04月04日 22:51
>さなっち
やー、ほんとすごいよね。今度たっぷりネタ合戦しようぜえ。合言葉は「ぱっか??ん」でどうだ。

>こばっち
渋谷も整理券制だから待ち時間無しだぜい。
私の時は前の舞台あいさつが長引いたせいでちょっと待ったけど。
としまえんの800円チケ、私も持ってるけど使わないだろうなあ。いる?
Posted by だま at 2005年04月05日 00:26
シネマライズって整理券制になっていたのか・・・Σ('A`)!!

>としまえん800円チケ
いる('∀`)
けど、J-COMで貰ったヤツ?5/13までとかでしょ?
・・・ヤジキタと・・・アビエイターと・・・
ローラレイとコンスタンティンでも見に行くのか・・・?
ミリオンダラー・ベイビーに間に合わねぇええええええヽ(`Д´)ノ

てか『一人で見に行く』のが鉄壁の前提になっている時点で負け組orz
Posted by coba at 2005年04月06日 01:08
すまぬ。友人情報により発覚したのですが、整理券制は初日だけだったようです。すごく並んだそうです。コバちはとしまえんに行くのがいいと思われます。
Posted by だま at 2005年04月09日 23:40
「ほぼ日」に弥次喜多ページができていたよ。
http://www.1101.com/yajikita/index.html
Posted by だま at 2005年04月10日 23:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

一人の役者の個が大爆発して咲き乱れた映像記録
Excerpt: −−−−−−−−−−今年はGWは仙台などへ旅に行って来ていたので毎年恒例の富士山は登れずじまいであった。もはや毎朝10階立てのビルを階段で登る事はあまり苦にならなくなった筆者にとってチャレンジしたい事..
Weblog: 偶像拒否。
Tracked: 2005-05-11 01:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。