2010年09月17日

『ようこそアムステルダム国立美術館へ』

これが映画としておもしろいのかどうかよくわからないけど、ひどくいろいろ大変そうで、少しでもこういう仕事に関わる人が観たらさぞかし感慨深いものがあるのだろうなあ…と。一市民としては、市民運動の引き際というか、目標だけでなく大局を見ることも必要だよなあと身につまされたりした。
それにしても、国の最大の観光拠点である美術館を何年も閉めてでも討論し続けるって、たぶん日本ではありえないから、ちょっとおとぎ話みたいだ。

映像としてひきつけられるのはやはり、そういった状況下でも自らの仕事を続ける人々。絵画修復の女性たちのアートパフォーマンスのような動きはかっこいいし、日本美術担当のわかぞうくんが仁王像を前に目に涙をためてきらきらさせているのをみると、その情熱にもらい泣き。そして何よりこの映画の中で最も映画的なのが警備員のおじさん。彼が工事中の無残な姿をさらす美術館内を1人で歩き、その空間への愛を語り続けるさまはストイックさと狂気がないまぜになって妙に魅力的。この人だけ本当は役者なんじゃないかと思ったほど。

一方の苦労の中心にいる館長は顔で損したタイプなのかなあ。私から見ると尊大顔。しかも金持ち。残念ながら素直に同情したくなる顔ではないのだ。いやきっと疲れた顔ばかり撮られているからだ、ね。もうしわけない…

未だ工事中らしいけど、とりあえず「工事」はされているということなんだよね?
「ちぢみゆく研究所」は果たしてどうなったのかしら。
続編も製作中らしいので、この顛末は引き続き観てみたい。

※映画の題名思いっきり間違えてました。×オランダ→○アムステルダム。なんか違和感あると思った…
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。