2010年04月12日

『アバター』3D

むやみやたらに3Dがもてはやされて、むやみやたらに映像の3D化が進んでいくのはいやなので、3Dとかいらねえよ!と日ごろは言っているのですが、これは転換点かもね、という意見を読んだりなんだりしていたので、確認はしておかねばと。

見た結果、キャメロンがやりたい3Dというのは表現の一形態なのかなと、良い意味で腑に落ちました。飛び出すのではなく、深さを求めているように見えたので。
逆に予告で見たアリスの3Dは後付けだからなのか、予告でそういうシーンを集めているだけなのか、ちょっとアトラクションチックに見えてしまったので、やはり3Dという表現はよほど気をつけないと下品になっちゃうというか、「映画」ではなくなってしまうのではないかという気は相変わらずします。『アバター』がそうではなかったというだけで。

3Dはきっと、今後数年間(たいへん普及してもらいたくない3DTVが一般化するまで)は映画館にお客さんを取り戻してくれる手段のひとつになりえるでしょうが、どうも2Dを映画館で観るのとは意味合いが少々違いますね。メガネひとつでものすごい隔離感。あ、あとメガネ人にはやはりちょっとつらい…。
やっぱり映画館にこさせる手段は爆音だね、という世の中の方が私としては好みです。そうなれ。

映画本体は主義も展開も非常にシンプルなおとぎ話。いろんな映画の良いとこどりという評価は間違いないと思いました。残念ながら飛翔シーンやマザーツリーの俯瞰といった視界の開けるシーンでも閉塞感はありましたし、突っ込みどころもいろいろある。それでも、よくまあこれだけの世界を作り上げたなあ、と素直に感心してしまいました。

あと、主人公の本体とヒロインが「初めて」出会うシーンにも素直にぐっときました。はじめて見るはずの主人公の本体に一切戸惑わないヒロインがすてきです。
この記事へのコメント
IMAX 3Dの導入部分(ワーナーマイカルで言うところのポップコーンの花火みたいなヤツ)のワクワク感は異常。
とりあえず、IMAX 3D以外の3Dは見るつもりなし。つーか、眼鏡 on 眼鏡余裕でした。吉祥寺の爆音は未体験だけど、音もTHX以上にイイと思うし。
IMAX館がもっと増えると本当にイイと思っておりますよ。
Posted by coba at 2010年04月13日 01:19
数年ぶりにコメント書きます。

周りがあまりにもこの映画の
話題一色になってたので、
意地になって
「まだ観ねえ!まだ観ねえぞ!」と
つぶやきながら現時点で
まだ今作は観てないです。
(それまでに、『息もできない』や『第9地区』など、どんどん傑作が現れてるので)


「カール爺さん」3Dを見た時は
XpanD 3D式は、
赤い眼鏡がデカイ!重い!暗い!の三重苦でした。
眼鏡かけながらだと手で抑えないと
辛かったです。
しかもそんなに飛び出し感がなく
300円損した気分です。

最上の環境というIMAXも場所が遠い、チケ代高い、良い席取れないなど
ハードル高すぎで、どうも率先して
動けないっす。


爆音と言えば、第三回爆音映画祭が
来月開催ですよ!

当然、目玉は何をおいても
『愛のむきだし』爆音上映ですよ!
リクエストを各所から募った甲斐が
実りました…。
Posted by いぬきち at 2010年04月16日 00:32
>cobaくん
爆音は音がいいとかそういうことでなくて、3Dと同じように別次元のものと考えてもらうといいかもよー

>いぬきちどの
あーなんか久しぶりですねえ。どもども。
爆音映画祭は当然チェックしておりますよ。

とうか、いぬきっつぁんのコメントのおかげでやっと判明したのですが、わたくし、わざわざ川崎まで行ってxpand観てましたわ。
ニセ情報つかまされてたんです…あんにゃろう。
どうりでcobaくんの書いてることがちんぷんかんぷんなわけでした。
リベンジするべきかなあ…
Posted by だま at 2010年04月19日 21:15
そんなわけで、わたくしはimaxについては語れない身分に格下げです。ちえっ。
Posted by だま at 2010年04月19日 21:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。