2014年06月08日

記憶される場としての映画館

バウスシアター6月10日に完全閉館。
映画館としてはもう終わっちゃった。
6月中旬以降から機材の搬出も始まるらしい。

たぶんきっと、初めてバウスに行ったのは1994年のナイロン100℃公演。
次に訪れたのはたぶん10年後、2004年の爆音『グリーンデイル』。
その後は吉祥寺周辺の東だったり西だったりの町に住んでいるので比較的通って(boid企画以外の普通のロードショー番組もたびたび観る)10年。2014年。
バウスシアターが特異な劇場であるからこそ、出会いがあって再会があったとつくづく実感する経緯だなと思う。

初めてサンロードをぐんぐん進みバウスタウンまでたどり着いたとき、商店街の先にぽかりと開けた空間に虚を突かれ、その空間が醸す周りとは違う空気に圧倒された。
(今考えるとその時バウスはまだ開館して10年なんだけど、昔っからあるように見えて)商店街の中にこういう空間があるっていうことは、その町に歴史的な豊かさがあるからで、やっぱり吉祥寺ってのはおしゃれな町だなと思ったんだったか。
私が生まれ育った東京近郊のベッドタウンなんていうのは、そういう空間は望むべくもない、中途半端な新興住宅街、歴史ある地方都市でもない町だから余計そう思ったのかも。
そんなふうに初めてバウスタウンの全景を見たときのことを覚えている。

去年閉館してしまったシネパトスも、初めて行った時の印象は強烈で(やっぱり20年位前、地下商店街は閉館頃よりずっと暗くて猥雑な雰囲気だった)、映画の題名は覚えていないけど、地下通路の橋にふきだめられていた弁当ガラなんかを覚えている。あの地下街がなくなるのは銀座という町にとっての損失。
そして新たに閉館の知らせが出た三茶シネマ。つい去年、初めて足を踏み入れてやはり強烈な印象を与えられた。中央劇場と合わせてのあの路地の景色も感動的だった。あの景色がなくなるのは三茶という町にとっての損失。

なくなることが、一つの景色がなくなることにつながる映画館たち。町の一部としての町の映画館。その喪失は、その町の都市としての豊かさの喪失だと思う。多様性と多層性こそが都市としての豊かさなのだから。もはやあっちこっちで言われている「吉祥寺はもう終わったな」というのはつまりそういうことだ(映画館に限らずね)。
シアターNの閉館も映画ファンとしてショックだったけど、ああいう都市の映画館がなくなるのとはまたまったく別の問題がここにはある。

復活劇はもう起きないのか、起こせる可能性はあるのか。
あるのなら、どうにかしたいもんです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。